いちごは低カロリー低糖質でダイエット中もOK!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

1月5日は「いちごの日」

いちごは甘くておいしいデザートですね!

ときどき酸っぱい物もありますが、練乳をかければ完璧です。

ダイエット中は甘い物を避けがち…。

しかし!

実は、いちごは低カロリー・低糖質!

ダイエット中も気にせず食べられるデザートなんです。ついでに美容と健康に良い成分も豊富!

ダイエット中でもおすすめないちごについてMEMOしました。

Contents

いちごは低カロリー低糖質!

f:id:shufu-ism:20210105212210j:plain

いちごは甘いので、ダイエット中の方は特にカロリーや糖質が気になりますね。

ケーキの上にちょこんと乗っていることも多く、「食べたら太るかも」と思う方もいるでしょう。

いちごと同じく、見た目が赤いフルーツでカロリーと糖質を比べてみます!

<100g当たりのカロリー>

いちご 34Kcal
りんご 54Kcal
さくらんぼ 60Kcal

<100g当たりの糖質>

いちご 7.1g
りんご 14.1g
さくらんぼ 14.0g

どのフルーツも甘いですが…

いちごはダントツでカロリー・糖質が低いですね!

意外!

いちごは品種によって大きさがバラバラ。

重さも5〜20gと差があります。

一番大きいサイズでは5個で100g程になりますが、10個食べたとしてもカロリーは70kcal程にしかなりません。

10個も食べれば「お腹いっぱい!」とまではいかないにしろ、かなり満足感はあるのではないでしょうか!

体に嬉しい栄養素も豊富

f:id:shufu-ism:20210105212205j:plain

いちごは低カロリー・低糖質なのでダイエット向きと言えます。

それだけではなく、ビタミンCなどの体に良いとされる栄養素も豊富。

美容と健康にも嬉しい食品でもあります!

いちごはビタミンCが多い

f:id:shufu-ism:20210105195700j:plain

ビタミンCには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果もあります。

そして、ビタミンCは体内で作ることができず、意識して摂ると良い栄養素の一つ。

いちごなら手軽においしく取れますよー!

ビタミンCの含有量を、代表格であるレモンと比べると…

<100g当たりの含有量>

いちご 62mg
レモン 100mg

甘いフルーツ代表格と酸っぱいフルーツ代表格の両者ですが、いちごもビタミンCが豊富です。

成人の場合、1日に推奨されているビタミンC摂取量は100mg!

レモンを100g食べるのはキツいですが、いちごなら簡単ですね。

大きいサイズのいちごなら5粒ほどで、あっという間に100gです。

あと2、3粒食べると1日のビタミンCを摂ることができますね!

楽々クリア!

いちごの赤は抗酸化作用もあるアントシアニンの色

f:id:shufu-ism:20210105195709j:plain

アントシアニンには、

・抗酸化作用
・眼精疲労の回復
・がん予防

などの健康に良い効果があります。

また、いちごが赤いのは色素成分であるアントシアニンによるものです! 

りんごやもみじが赤いのも同じ理由!

いちごは葉酸も豊富

f:id:shufu-ism:20210105195705j:plain

葉酸は、赤血球を作るために必要な栄養素です。

妊娠中は胎児の発育に必要な栄養素として知られており、妊娠前からの摂取がすすめられています!

妊娠中は食欲が湧かないこともありますが、いちごなら食べやすいですね。

いちごはダイエットの味方

f:id:shufu-ism:20210105195714j:plain

いちごは低カロリー・低糖質なので、ダイエット中も遠慮せずに食べられます。

疲労回復効果、抗酸化作用でアンチエイジングにも期待が持てるので、美容と健康にも良い食品です。

たとえば…

ダイエット中で甘い物に飢えている時。

甘い物を食べたいけれど太りたくない時。

そんな時には、
いちごがオススメです!

よかったらフォローお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる